【知らないと損する】葬式費用の助成金

葬儀後に国や自治体から貰えるお金の写真

葬儀後に国や自治体から貰えるお金

家族が亡くなると、葬儀を行ってくれる葬儀社を選定するところから始まり、葬儀場で行うかそれとも自宅で行うかを決め、さらにはお坊さんとの日程や時間調整、葬式における飾り付けのグレードや生花の並び方、骨壺やお棺の選定など様々なことを決めていく必要があり、しかもそれをものすごい短時間で行わなければならないという状況に追い込まれます。このような状況だと気付かないことが多いのですが、実は葬儀後に様々なお金が国や自治体などからもらえることがあります。例えば葬祭費給付金制度などは日頃国民健康保険というと医療にかかった際に3割負担などで済ませてもらうためのもので保険証という意識しかないでしょうが、実はこの国民健康保険加入者に係る葬儀である場合などは実際に国民健康保険証を返還する手続きを行う場合などに知ることとなるケースがありますが、葬儀を行った後2年間という期間限定ですが、50000円から70000円を保険給付されることが可能となります。申請手続きが必要なので市役所等の窓口で知ることが多くなります。また後期高齢者保険についても30000円から70000円の給付を受けることが可能です。広域連合が保険を所管していますが、窓口は市役所等に存在している関係でこちらも市役所等の窓口で知ることとなります。このように日頃は医療給付を受けるための保険証という認識しかないものについても葬儀に係る保険給付が存在しているのです。

葬儀 大田区